【小学生】進研ゼミだけで中学受験対策は可能か~使い方や活用法は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ラッシーくん

小学生の子どもがいるのですが「進研ゼミ小学講座」を利用しようか迷っています。できれば進研ゼミ小学講座だけで中学受験をしたいのですが可能でしょうか。

このような疑問や悩みに答えます。

本記事の内容
  • 進研ゼミだけで中学受験の全貌
  • 進研ゼミ小学講座の特徴
  • 中学受験に成功するための進研ゼミを用いた学習計画の立て方
  • 実際に進研ゼミだけで中学受験に合格した生徒の声
  • 中学受験のために進研ゼミを最大限活用するためのアドバイス

小学生の皆さん、そして保護者の皆様、進研ゼミを活用して中学受験の準備はいかがでしょうか?

多くの小学生や保護者は、

「進研ゼミだけで中学受験に成功することは可能か?」

と疑問に思っているようです。

結論をいうと、進研ゼミ小学講座だけで合格を果たした生徒も多くいますので安心して下さい。

進研ゼミの教材は、自己管理能力や計画的な学習は必要ですが、豊富な問題集や解説、模擬試験などを提供しており、これらを効率的に使いこなすことで、十分に合格に必要な知識と技能を習得することができる教材です。

使いこなすことができれば、合格への大きな武器になりうるでしょう。

この記事では、進研ゼミの使い方や活用法に注目し、中学受験を目指す小学生に向けた進研ゼミの全貌をご紹介します。

進研ゼミだけで中学受験を乗り越えるためのポイントを、押さえていきましょう。

目次

進研ゼミだけで中学受験の全貌

進研ゼミの学習教材とシステムの概要

進研ゼミ小学講座の学習教材とシステムの概要は次のようになっています。

進研ゼミ小学講座
引用元:【進研ゼミ小学講座】
対象レベル基礎~応用レベル
※全学年に対応
※教科書準拠
中学受験対応あり
先取り学習あり
6学年分の問題コンテンツを提供
習ってない単元の動画解説を提供
※「計算集中」と「図形・数・量」のみ
漢字・読解は中学レベルの範囲まで提供
※2学年以上さかのぼって復習することは不可。復習に使えるのは前学年のみ。
学習スタイル専用タブレット・紙テキスト
チャレンジタッチ:主に専用タブレットで学ぶスタイル
チャレンジ:主に紙テキストで学ぶスタイル
※その他電子教材(おもちゃのような使用)あり
ライブ授業あり
添削・質問・個別アドバイス「添削」「質問」「個別アドバイス」すべて可能
※学習内容の提案はチャレンジタッチのみ
※「質問ひろば」は小3〜小6のみ。教材・回数の制限あり。
対応科目・コース【科目】
国/数/英/理/社
プログラミング
漢検・英検対策

【コース】
プログラミング講座(有料)
オンラインスピーキング(有料)
考える力・プラス講座(有料)
かがく組(有料)
作文・表現力講座(有料)
オンライン少人数指導チャレンジライブ(有料)
考える力・プラス 中学受験講座(有料)
料金【全教科セット】
月約3,250~6,500円
※1教科ずつは不可
※入会金・退会金0円
※全教科追加費用ゼロ
努力賞制度あり
※レッスンの取り組み状況に応じてポイントが貯まり、プレゼントと交換可能
運営会社株式会社ベネッセコーポレーション
  • お子様の学習レベルに合わせられる!
  • 新学習指導要領にしっかり対応!
  • モチベーションが維持する仕組みが豊富!
  • 赤ペン先生の添削指導など学習サポートが充実!
  • 保護者がしっかりとお子様に関われる!

\進研ゼミ小学講座の無料資料請求はこちら/

進研ゼミ小学講座の「対象レベル」「教材内容」に関する特徴

対象レベル

進研ゼミ小学講座の「対象レベル」は「基礎~応用レベル」まで幅広く対応することができます。

以下のように標準コースとハイレベルコースがあり、学習が得意というお子様には追加費用0円でハイレベルの問題にチャレンジすることができる仕組みになっています。

コース内容
標準コースメインレッスン月13回+赤ペン先生の添削問題
ハイレベルコースメインレッスン月13回+ハイレベルレッスン月4回+赤ペン先生の添削問題
引用元:【進研ゼミ小学講座】

演習問題のレベルや量に関しては上記のように、お子様の状況に合わせて自由に選ぶことができます。

例えば

国語は「ハイレベルコース」
算数は「標準コース」

といったように、教科毎に異なるレベルを選ぶことも可能です。

教材内容

進研ゼミ小学講座の「教材内容(チャレンジ・チャレンジタッチ共通)」についてみていきましょう。

まず、進研ゼミ小学講座の基本的な学習の流れは以下のようになっています。

引用元:【進研ゼミ小学講座】
STEP
理解する

1日約15分の無理のない学習量で1つ1つ理解していきます。
教材は各学校の教科書に対応しており、やった瞬間から学校の授業内容がどんどん理解できる仕組みになっています。

STEP
定着する

月に1回赤ペン先生の問題が届きます。「STEP①」の内容がしっかりと理解できているか確認できる内容となっています。

STEP
応用問題にチャレンジ

テキスト内容が理解できたら、応用問題にチャレンジしましょう。
中学受験にもつながる内容で、しっかりと考える力を育てることができます。

シンスケ

特に、この1日約15分という学習時間設計はとてもよいところです。

科学的にも休憩を挟むことでの集中力の効果は立証されておりますし、日常生活の隙間時間でいつもで利用することができるところもいいですね。
(参考:「集中力の限界は90分? 集中できないときに試したい効果的な休憩方法と勉強法」

テキストの特徴

教科書対応のテキスト(新学習指導要領にも対応)

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

教材は2020年度から大きく変わった新学習指導要領に対応したテキストになっています。
学校の教科書に対応していますので、授業の理解にそのまま直結できますよ。

問題は進研ゼミのオリジナル

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

オリジナル問題なので、例えば、授業とまったく同じ問題にはなっていません。このような初見問題に触れる機会を多くもつことはとても大切ですよ。

なぜそうなるのか、考え方を学べる

引用元:【進研ゼミ小学講座】
引用元:【進研ゼミ小学講座】

本質を理解できる問題構成

引用元:【進研ゼミ小学講座】
引用元:【進研ゼミ小学講座】

実際に手を動かして考える問題もあり

引用元:【進研ゼミ小学講座】
引用元:【進研ゼミ小学講座】

自分の考えを書く練習が豊富にできる

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

進研ゼミの教材のいいところは考え方をしっかり学べるところです。
ただ解くだけではなく、「なぜそうなるか」「自分はどう思うか」など考えることは学ぶ上で重要ですのでこれを小学生のうちから学ぶのはとても大切ですよ。

応用力を伸ばすことができる実力アップドリル

引用元:【進研ゼミ小学講座】

「実力しんだんテスト」でお子様専用の問題に取り組める

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

学習が得意なお子さまはどんどん難しい問題にチャレンジができますし、逆に苦手な内容がある場合はしっかりと見直しながら進むことができます。

キャラクターが多く楽しく学べる

実際の進研ゼミの教材(チャレンジ2年生)
引用元:【進研ゼミ小学講座】

豊富なイラストで飽きない構成

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

特に、低学年の教材ではマスコットキャラクターが可愛く作り込まれています。
見た目は重要ですのでお子様が飽きにくい作りになっていますよ。

中学受験対応

進研ゼミ小学講座は「中学受験対応」もしっかりできる教材となっています。

上記でも示した通り、教科書対応の基本学習となる「チャレンジタッチ」「チャレンジ」でも

「幅広いレベルの問題」
「思考力を磨ける問題」
「本質を捉える解説」

などに対応することができますが、

「考える力・プラス講座」(5・6年生)
「考える力・プラス 中学受験講座」(4~6年生)

という中学受験に特化した有料のオプション教材もあることが特徴です。

「考える力・プラス講座」「考える力プラス中学受験講座」
引用元:【進研ゼミ小学講座】
対象学年全学年
学習スタイル紙テキスト+映像教材
内容私立・国立の中学受験対策
思考力・表現力対策
※教科書内容レベル以上の問題演習
対応科目算・国・理・社
料金(追加オプション)【1~4年生】
月額料金(12ヵ月一括払い):2,560円
月額料金(6ヵ月一括払い):2,690円
月額料金(毎月一括払い):2,690円

【5~6年生】
月額料金(12ヵ月一括払い):4,260円
月額料金(6ヵ月一括払い):4,490円
月額料金(毎月一括払い):4,490円

【中学受験講座】
月額料金(12ヵ月一括払い):7,480円
月額料金(6ヵ月一括払い):7,870円
月額料金(毎月一括払い):7,870円
  • 論理的な思考力をさらに学ぶことができる!
  • 受験に活用できる考え方がわかる!
  • 問題の解説が図表が多くさらにわかりやすくなっている!
シンスケ

こちらは最初から検討するよりも、まずは通常のチャレンジやチャレンジタッチを活用してみて、
「物足りない」
「もっと難しい問題や思考力を高める問題をやりたい」
「中学受験にもしっかりと対応したい」
という意欲がお子様に出てきた場合に検討するとよいかと思います。

進研ゼミ小学講座の「学習スタイル」に関する特徴

進研ゼミ小学講座の「学習スタイル」は「専用タブレット中心+紙教材」のチャレンジタッチと「紙教材中心」のチャレンジを選択する形式になります。

スタイル概要
チャレンジタッチ専用タブレット+紙教材
※ほぼタブレットが中心
※紙教材例:「漢字辞典」「ポスター」「予想問題集」など
チャレンジ紙教材

お子様に合わせた学習スタイルに合わせることが可能です。

本サイトとしては機能の多さなど様々な観点からまずは「チャレンジタッチ」をおすすめしています。

「チャレンジタッチ」から「チャレンジ」、「チャレンジ」から「チャレンジタッチ」のスタイルの変更はいつでも可能となっておりますのでまずは気軽に選んでみるとよいでしょう。
※ただし、「チャレンジタッチ」が6ヵ月未満の受講であった場合は、タブレット端末の料金8,300円(税込)がかかる(2024年1月時点)

スタイルの変更手順(WEB)
  • 「進研ゼミ小学講座公式ページ」にアクセス
  • 「手続き・問い合わせ」を選択
  • 「学習スタイル・コースの変更」より手続き
    ※会員番号が必要
    ※変更は問い合わせ窓口からも変更可能です。
シンスケ

タブレットと紙教材を自由に選べるところは非常に良いところですね。

チャレンジタッチの機能と特徴

新タブレット
引用元:【進研ゼミ小学講座】

チャレンジタッチ(タブレット中心)のスタイルに関しては以下のような機能(特徴)があります。

機能特徴
個別カリキュラム作成自動で1日に勉強する量を提示してくれる。何をやろうか、悩むことないため、スムーズに学習に取り組むことができる。
自動採点機能書いた答え(文字)をその場で自動採点してくれる。
記述書き込み機能途中式や考え方をメモしたり、実際に図を動かせるなどタッチペンでの書き心地がとても良い。
オンラインライブ授業ライブ型の授業。毎月、算数を中心に重要単元のポイントを解説。「基礎」「挑戦」レベルの授業を実施。夏休み期には、算数以外の他教科授業や、教科横断のイベント
なども実施予定。(録画版で何度でも視聴が可能)
赤ペン先生添削指導毎月1回、担任の「赤ペン先生」が理解度に合わせて添削指導を行ってくれる。
提出すると努力賞ポイントももらえる。
電子図書館(まなびライブラリー)知的好奇心や教養を育む電子書籍や動画がいつでも楽しめる。世界の名作、図鑑や、小説などが常時約1,000冊程度あります。
AI分析復習機能AIがつまずいた問題を分析し、その場で過去の単元を復習する機能。
Wとき直しシステム間違えた問題を記録し、すぐに解き直すことができる。テスト前の確認にも最適。
実力テスト後の専用問題配信実力テスト後にお子様専用の問題(苦手問題など)が配信されます。5~7分で簡単に確認ができる問題です。
ごほうびゲーム機能・ジュエルごほうび機能1日のレッスン終了後にゲームができるようになるなど勉強するとやる気が出る仕組みが豊富
ブルーライトカットブルーライトカットでお子様の目を守ってくれる画面となっています。
利き手設定機能利き手設定で、手をしっかりついて書ける
シンスケ

進研ゼミ小学講座のタブレット学習(チャレンジタッチ)は上記のように非常に多くの機能がついており、かなりおすすめできます。

チャレンジタッチとチャレンジの違い

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

上記の通り、チャレンジタッチはチャレンジの機能もほぼすべて兼ね備えていますので、よっぽどの事情(紙テキストへの拘りなど)がない限りはチャレンジタッチを選ぶとよいでしょう。

チャレンジ(紙テキスト)向きの方

上記の通り、基本的にはチャレンジタッチ(専用タブレット型)の方がおすすめですが、逆にチャレンジ(紙テキスト)の方がよい方は以下の2つのどちらかになります。

  • 自宅にWi-Fi環境がない方
  • どうしても紙テキストでやりたい方

チャレンジタッチはWi-Fi環境が常になくても事前に教材をダウンロードしておけば、オフラインで利用することは可能です。

しかしながら、やはり、一番利用するであろうご自宅にWi-Fi環境がない場合は使いにくいかと思われます。(有線LANは不可)

また、フリーWi-Fiなどの環境化も利用することができませんので注意しましょう。

進研ゼミ小学講座の「学習サポート」「保護者向けサポート」「ライブ授業」に関する特徴

学習サポート

進研ゼミ小学講座は「添削・質問・個別アドバイス」などのサポートをすべて行っております。

※学習提案はチャレンジタッチのみ。「質問ひろば」は小3~小6のみ(教材・回数制限あり)。

添削サポート

進研ゼミ小学講座では「チャレンジタッチ」「チャレンジ」の両方で赤ペン先生による添削指導を受けることが可能です。ただし、学習スタイルの違いによっても以下のように異なります。

学習スタイル特徴
チャレンジタッチタブレットで行った問題を即時添削(まとめテスト)。約3日以内に返却される。
※ただし、赤ペン先生の添削問題は年3回まで。
チャレンジ紙で行った問題を毎月末に郵送で紙を送る。

お子様ひとりひとりに「赤ペン先生」と呼ばれる添削指導を行ってくれる担任がつきます。

「赤ペン先生」は進研ゼミの選考を通過し、教科指導を十分に学んだ方がなっており、個々のお子様の理解度に合わせて丁寧な添削指導をしてくれるところが魅力です。
(チャレンジタッチとチャレンジで添削回数が異なります)

特に、「チャレンジタッチ」の場合は、添削問題は「チャレンジパッド」に配信され、即時添削もしてくれるため、記述問題への対策もしっかりとすることができます。

引用元:【進研ゼミ小学講座】

赤ペン先生はお子様のモチベーションが上がるような言葉遣いや添削の仕方をしてくれるため、受講生からとても好評となっています。

ほめてくれるのでモチベーションが上がる

赤ペン先生の指導
引用元:【進研ゼミ小学講座】
引用元:【進研ゼミ小学講座】

また、赤ペン先生に提出すると努力賞ポイントももらえますので、これを目的に頑張れる受講生も多いようです。

引用元:【進研ゼミ小学講座】

具体的な指導とアドバイスもあるので、実際に、お子様の考える力や思考力、記述力をしっかりと伸ばすことができますよ。

質問対応

質問に関しては「チャレンジタッチ」の方であれば「質問ひろば」に入って自由に質問することができます。
(小学講座の3~6年生向けのサービス。進研ゼミ小学講座を卒業、または退会後1か月まで利用可能)

また、「みんなのQ&Aを見る」からよくある質問も見ることができますので、困ったらまずはここを確認するとよいでしょう。(各教科の質問もこちらで対応しております)

個別アドバイス

個別アドバイスに関しては「チャレンジタッチ」では、活用状況に応じたアドバイスを受講費用内でしっかりと行ってくれます。

学習の遅れや活用の仕方がうまくいっていない場合は、電話でのアドバイスも行われますよ。

また、普段の学習プランに関してはAIが個々の苦手をふまえながらカリキュラム作成してくれます。

保護者サポート

進研ゼミで行われている「保護者サポート」に関しては以下のような内容があります。

進研ゼミ小学講座の保護者サポート内容
  • 専用アプリでお子様の学習状況を把握できる(定期的なメール配信あり)
  • お子様とのメッセージ機能
  • 保護者向けの情報コンテンツの配信

書いた字の確認や取り組んだレッスン数がわかる

引用元:【進研ゼミ小学講座】

また、保護者の方のスマホとお子様のタブレットでメッセージのやり取りもできるため、適宜、メッセージを送ってあげることでお子様のモチベーションアップにもつなげることができます。

シンスケ

保護者も含め、様々な人が学習状況をみてあげることが子どものモチベーションの維持に効果的ですよ。

ライブ授業

進研ゼミ小学講座はオンラインライブ授業を追加費用なしで受講することができます。

授業は1コマ20~30分程度で、先生や他の小学生と一緒に学ぶことができるため、

「一人だけで勉強するのが不安」

という方にはおすすめのコンテンツです。

しかも、もし、何らかの都合で参加できなかった場合でも録画された当日の授業を後から何度でも視聴することが可能ですよ。

進研ゼミ小学講座の「対応科目・コース」「料金」に関する特徴

対応科目・コース

進研ゼミ小学講座の「対応科目・コース」は以下のようになっています。

科目国/数/英/理/社
プログラミング
漢検・英検対策
※全教科セット
※1教科ずつ受講は不可
コースチャレンジ・チャレンジタッチ
有料オプションプログラミング講座(有料)
オンラインスピーキング(有料)
考える力・プラス講座(有料)
かがく組(有料)
作文・表現力講座(有料)
オンライン少人数指導チャレンジライブ(有料)
考える力・プラス 中学受験講座(有料)
シンスケ

2020年度からの新学習指導要領からプログラミングや英語に関しては小学校で重視されるようになりました。
したがって、主要5教科(国数英理社)に加えて、プログラミングや英検・漢検対策にも対応しているところはとても良いですね。

プログラミング的思考力を伸ばすことができる

※プログラミング言語を学ぶわけではありません。
引用元:【進研ゼミ小学講座】

英語4技能(聞く・読む・話す・書く)を伸ばせる「Challenge English」で英検対策が可能

引用元:【進研ゼミ小学講座】

料金

料金に関してはお子様の「学年」「月払い・年払い」によっても異なります。

学年月間の支払い合計(税込)年間の支払い合計(税込)
1年生3,250円39,000円
2年生3,490円41,880円
3年生4,460円53,520円
4年生4,980円59,760円
5年生5,980円71,760円
6年生6,370円76,440円
※入会金・退会金・追加費用0円

支払い方式別手数料

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

支払いはクレジットカード払いが最もお得です。

チャレンジタッチのタブレット料金は?

チャレンジタッチの専用タブレットに関しては原則6ヶ月以上継続受講の場合は無料となります。
※6ヵ月未満で退会もしくはスタイルをチャレンジに変更した場合は8,300円がかかります。

チャレンジパッドサポートサービス

チャレンジパッドサポートサービスとは専用タブレットの保険のようなサービスです。
専用タブレットを何らかの事情で故障してしまった場合は修理に19,800円を負担することになりますが、年間3,600円のこの補償サービスを契約しておくと3,300円で交換することが可能です。

<チャレンジパッドサポートサービス>
月額200円~のタブレット補償オプション
自己破損時や2年目以降の自然故障時に3,300円で交換可能

科セット】
月約3,000~6,500円

進研ゼミ小学講座は、小学1年生から6年生までコースがわかれており、それぞれで料金が異なります。また、料金は①12ヶ月一括払い、②6ヶ月一括払い、③毎月払いで、ひと月当たりの料金は変わってきます。

12ヶ月一括払いの方が、毎月払いよりも月々500~700円ほどお得です。12ヶ月一括払いで退会しても、返金されます。

進研ゼミは、入会金・再入会金・送料が無料なので、非常にありがたいですね。

以下は進研ゼミ小学講座の1〜6年生の12ヶ月一括払いの料金(税込)です。

おすすめの支払い方法は?支払い方法を途中で変更することはできる?

おすすめの支払い方法は手数料がかからないクレジットカード払いです。

毎月払いで支払うたびに手数料がかかると想定した場合、それぞれの支払い方法でかかる手数料は以下のとおりです。

毎月払いでかかる年間手数料

  • クレジットカード払い:0円(手数料なし)
  • コンビニエンスストア振込:1,620円~4,020円(手数料135円~335円)
  • 郵便振込み:1,464円~4,032円(手数料122円~336円)
  • 郵便口座引き落とし:660円(手数料55円)
  • 銀行口座引き落とし:780円(手数料65円)

途中で支払い方法を変更したい場合は「Webでの「手続き」(お客様サポート)」→「お支払」から変更することができます。

手続きには会員番号とパスワードが必要です。

パスワードを知らない場合、4月号または入会時に届いた宛名用紙に記載があるため、そこから確認してください

進研ゼミ小学講座の「努力賞制度」に関する特徴

努力賞制度

進研ゼミ小学講座には「努力賞制度」があります。

例えば以下のようにお子様が勉強を頑張れば頑張るほど努力賞ポイントが貯まり、努力賞ポイントが一定まで貯まるとポイント数に応じた努力賞プレゼントがもらえる仕組みです。

努力賞ポイントがもらえる例
  • 赤ペン先生の問題を提出した
  • 実力診断テストを提出した
  • 毎月の決められた学習をしっかりやった
  • Challenge Englishのステップアップテストに合格した
シンスケ

頑張ったらご褒美があるのはモチベーション維持にとても効果的だと感じます。

実際に何がもらえるかは「努力賞プレゼントカタログ」でご確認下さい。

\進研ゼミ小学講座の無料資料請求はこちら/ 

進研ゼミを活用するメリット

進研ゼミを用いる最大のメリットは、自宅で自分のペースで学習できることです。

小学生にとって、学校の勉強と習い事の両立は大変ですが、進研ゼミなら時間を効率よく使えます。

さらに、進研ゼミでは中学受験に特化したカリキュラムが用意されており、苦手な分野を集中的に学習できるのです。

また、正答率や進捗状況を確認できる機能もあり、自分自身の成長を実感しやすい点も魅力的。

進研ゼミを活用することで、学習習慣が身につき、自己管理能力も向上するでしょう。

その他にも以下のようなメリットがあります。

メリット・デメリット一覧はこちら

進研ゼミ小学講座のメリット5選
  • 新学習指導要領に対応している
  • お子様の学習レベルに合わせられる
  • モチベーションが維持する仕組みが豊富にある
  • お子様の状況を保護者がしっかりと把握できる
  • 学習サポートが充実している

一方でデメリットは以下のような点もありますので注意しましょう。

進研ゼミ小学講座のデメリット3選
  • 人によってはボリュームが少ない
  • 寝転がったままでも勉強ができてしまう
  • 問題の解き方が適当でも先に進めてしまう

中学受験コースの特徴とカリキュラム

進研ゼミの中学受験コースは、小学生が中学受験に必要な知識を網羅できるように設計されています。

このコースの特徴は、基礎から応用まで、段階的に学習内容が構成されている点にあります。

カリキュラムは、国語・算数・理科・社会の4教科をバランス良く学べるようになっており、各教科のポイントを押さえた問題集や模擬試験が豊富に用意されています。

シンスケ

学習進度や理解度に応じて、個別にカスタマイズされた学習プランを提案してくれるため、無理なく効率的な学習が可能ですよ。

進研ゼミの学習スケジュール例

中学受験の準備において、計画的な学習スケジュールは非常に重要です。

進研ゼミでは、子ども一人ひとりの生活リズムや学習進度に合わせたスケジュール作成をサポートしています。

シンスケ

たとえば、学校から帰った後の1時間を国語の学習に、週末は算数と理科に集中するなど、教科ごとに時間を割り振り、バランス良く学習できるように計画することも可能です。

また、定期的な休憩や息抜きの時間も忘れずに設けることが、長期間の学習を継続するコツです。

保護者のサポートの重要性

中学受験の準備において、保護者の皆様のサポートは欠かせません。

進研ゼミを活用する際も、子どもの日々の学習進度をチェックし、適切な励ましやアドバイスを行うことが大切です。

また、学習スケジュールの見直しなど、子どもが自ら学習計画を立てられるようにサポートすることも重要。

シンスケ

学習の習慣がまだ身についていない小学生にとって、保護者の理解と協力が、中学受験を乗り越える強い味方になります。

中学受験に成功するための進研ゼミを用いた学習計画の立て方

進研ゼミを最大限に活用し、中学受験の成功につなげるための学習計画は、どのように立てればよいでしょうか?

目標の設定から、学習の進捗管理、苦手科目の克服法など、効果的な学習計画の立て方をご紹介します。

小学生の皆さん、そして保護者の皆様、一緒に進研ゼミをうまく活用し、中学受験に向けた準備を進めていきましょう。

目標設定のポイント

学習計画を立てる最初のステップは、明確な目標を設定することです。

中学受験に合格するためには、どの教科でどれくらいの点数が必要か、自分の苦手な分野は何か、これらを具体的に把握しましょう。

また、短期目標と長期目標を設定し、進研ゼミのカリキュラムを活用して、それぞれの目標達成に向けた学習計画を立てます。

シンスケ

目標を細分化し、達成できる小さなステップに落とし込むことで、モチベーションを保ちやすくなりますよ。
高校生向けですが具体的には以下の記事が参考になるかと思います。

進度管理のコツ

計画的に学習を進めるためには、進度管理が欠かせません。

シンスケ

進研ゼミでは、学習進捗を可視化するツールが提供されているため、これを活用して自分の学習状況を定期的にチェックしましょう。

また、学習計画に沿って進めているか、定期的に見直しを行うことも重要です。

計画にズレが生じた場合は、無理なく調整し、常に最適な学習ペースを保つことが大切です。

苦手科目の克服法

中学受験の学習において、苦手科目は誰にでもあります。

苦手な教科を克服するためには、まずその原因を明確にし、進研ゼミのカリキュラム内で苦手分野を重点的に学習するようにしましょう。

シンスケ

理解が難しい点は、進研ゼミの講師や保護者に質問し、解決に導くことが重要です。
また、苦手科目に対するネガティブなイメージを払拭し、前向きな姿勢で学習に取り組むことも、克服への近道ですよ。

模擬試験の活用方法

進研ゼミでは、定期的に模擬試験が提供されています。

「実力しんだんテスト」でお子様専用の問題に取り組める

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

学習が得意なお子さまはどんどん難しい問題にチャレンジができますし、逆に苦手な内容がある場合はしっかりと見直しながら進むことができます。

この模擬試験を活用することで、実際の試験形式に慣れることができるだけでなく、自分の弱点を明確に把握する良い機会になります。

模擬試験の結果を分析し、間違えた問題の解説を徹底的に理解することが、成績アップへの近道です。

また、試験に対する精神的な負担を減らし、自信を持って本番に臨むための心の準備にもなりますよ。

進研ゼミ以外の教材の併用

進研ゼミは中学受験に必要な学習内容を幅広くカバーしていますが、さらに学習効果を高めるためには、他の教材との併用も検討しましょう。

例えば、苦手科目を克服するために特化した参考書や問題集、他の通信講座の資料を取り入れることで、より深い理解につながることがあります。

ただし、多くの教材を使用するときは、視野が広がる一方で、学習の焦点をぼやかすこともあるため、計画的に利用することが重要です。

進研ゼミ以外のおすすめ通信教育はこちら

実際に進研ゼミだけで中学受験に合格した生徒の声

小学生の間で人気の進研ゼミは、独学の強い味方とされています。

ですが、本当に進研ゼミだけで中学受験に合格できるのでしょうか。

実際にそれを成し遂げた生徒たちの声を集め、彼らの使い方や活用法について深堀りしてみましょう。

彼らの体験談や学習法の秘訣、保護者の協力の形など、読者の皆さんにも役立つ情報が満載です。

合格体験談

進研ゼミの教材を使って中学受験に挑戦した小学生は、多くがその手軽さと利便性を高く評価しています。

例えば、ある生徒は

「進研ゼミの教材を使用して、自分の弱点を効率よく克服できました。特に、自分に合ったペースで学習を進められる点が良かったです」

と話しています。

また、進研ゼミを活用して合格した生徒のほとんどが、継続的に問題を解くことで、徐々に自信をつけていったという共通点があります。

これらの話を聞くと、進研ゼミがいかに合格への道を切り開く一助となったのかが理解できます。

学習法の秘訣

進研ゼミを使って合格を勝ち取った方に共通する学習法の秘訣とは、まず「計画的に学習すること」です。

彼らは進研ゼミのカリキュラムを最大限に活用し、自分の学習計画を立て、それに従って学習を進めていきました。

また、「弱点を克服するために、特に時間を割く」という方法も非常に重要です。

進研ゼミの教材は、自分の苦手を把握し、それを集中的に学習するのに役立つ内容が充実しています。

例えば、実力テスト後にはお子様専用の問題(苦手問題など)が配信され、5~7分で簡単に確認ができるようになっているため、定期的に弱点を克服することができますよ。

シンスケ

自分自身の課題を見つけ出し、それを克服するために努力することが、合格につながる大きなポイントであると言えるでしょう。

保護者の協力の形

保護者の支援は、子どもが進研ゼミだけで学習する上で欠かせません。

多くの合格した生徒の保護者は、「定期的な進捗の確認」や「学習環境の整備」に力を入れたと話しています。

進研ゼミ小学講座の保護者サポート内容
  • 専用アプリでお子様の学習状況を把握できる(定期的なメール配信あり)
  • お子様とのメッセージ機能
  • 保護者向けの情報コンテンツの配信

書いた字の確認や取り組んだレッスン数がわかる

引用元:【進研ゼミ小学講座】
シンスケ

日々の学習状況だけでなく、上記のようにたとえば書いた字の確認など具体的なお子様の状況も把握できるところは進研ゼミの良いところです。

「字とてもうまく書けているね」

など、ポジティブな声かけをしてあげましょう。

子供のモチベーションを保ち、学習をサポートするために、適切な学習計画の立て方をアドバイスしたり、学習に集中できる静かな環境を提供することが、保護者にできる最も有効な協力の形と言えるでしょう。

挑戦中の苦労と解決策

進研ゼミだけで中学受験を目指す道は、決して平坦ではありません。

例えば、学習計画がうまく進まなかったり、モチベーションが低下したりすることもあります。

しかし、成功した生徒たちは、そんな時こそ「具体的な目標を設定すること」で乗り越えていました。

シンスケ

短期間で達成できる小さな目標を設け、その達成を通じて自信をつけることが大切ですよ。

また、「保護者や友達とのコミュニケーションを大切にする」という点も、挑戦中の苦労を乗り越える上で役立ちます。

進研ゼミだけで勉強するメンタルマネジメント

進研ゼミだけで受験勉強をする際に最も大切なのは、メンタルマネジメントです。

自分自身を信じ、ポジティブな考えを持続させることが、長期間にわたる学習を継続する秘訣と言えるでしょう。

また、自分なりの勉強リズムを見つけ、無理なく続けることも重要です。

シンスケ

進研ゼミ教材の活用法を見つけ出し、それが合目的と合致するよう計画を立てることで、効率よく学習を進められるはずですよ。

\進研ゼミ小学講座の無料資料請求はこちら/ 

進研ゼミでの中学受験に関するQ&A

中学受験に向けて進研ゼミを活用しようと考えている小学生とその保護者の皆さんにとって、いくつかの疑問があることでしょう。

ここでは、進研ゼミの使い方や活用法、料金体系などについて、皆さんが抱える可能性のある疑問に答えていきます。

効率的な学習方法や最適な学習時間など、有益な情報を提供しますので、ぜひ最後までご覧ください。

塾との併用は必要?

進研ゼミの使用に当たり、「塾との併用は必要か」という疑問が生じることがあります。

シンスケ

塾・予備校と通信教育の違いは以下になります。

塾・予備校と通信教育の違い

塾・予備校通信教育
場所・校舎に通わなければならない
・勉強に集中できる環境が既に整っている
・自習室・図書室など学習に関連する施設が利用できる
・いつでもどこでも勉強できる
・学習に特化した環境は自分で作る必要がある
強制力・強制力がある・強制力がない
仲間の有無・同じ目標に向かう仲間がいる・自分一人で進める必要がある
ペース・集団に合わせた授業スピード
(個別の場合は自分に合わせてくれる)
・常に個々のペースで勉強できる
(早く進めることも可)
サポート・対面なのですぐにサポートが受けやすい・原則、オンラインでの対応が前提。対応までの時間が長かったり、回数制限がある場合もあり。
学び方・講師によって教え方・学び方に差異がある・通信教育ごとに学び方が統一されている
費用・通信教育に比べて費用が高い・塾や予備校に比べて費用が安い

ざっくりとタイプを分別すると以下になります。

ざっくりとしたおすすめタイプ

塾・予備校通信教育
・強制的にやらされた方がいいタイプの人
(自由度は低い)
・強制力がなくても自分で何とかできるタイプの人(自由度が高い)

塾・予備校と通信教育の判断基準(チェックリスト)

塾・予備校に向いているタイプ通信教育に向いているタイプ
場所通学が苦ではない
☑自習室など学習できる施設が欲しい
時間があるときにすぐに学習したい
☑学習に集中できる場所が既にある
強制力☑強制されないと学習に集中できない☑強制されなくても自分で学習できる
仲間の有無☑同じ目標に向かうor競い合える仲間が欲しい☑ひとりで黙々と学習したい
ペース☑集団授業のペースで問題ない☑自分のペースで学習したい
サポート☑疑問はすぐに解決したい
☑対面でのサポートを受けたい
☑質問は数日後でも可
☑電話やチャットでのサポートでも可
学び方☑講師によって差異があるのは想定内☑学び方がある程度確立されていた方がよい
費用☑費用がかかっても問題ない☑費用を安く始めたい

これは、お子様の学習状況や合格目標によっても異なりますが、塾・予備校に向いているタイプの要素が多くある場合は塾・予備校の併用が適切な場合があります。

最終的には、生徒自身の学習スタイルや目標に合わせて選択することが大切です。

進研ゼミの料金体系は?

進研ゼミの料金体系は、提供するコースや教材の種類によって異なります。

料金に関してはお子様の「学年」「月払い・年払い」によっても異なります。

学年月間の支払い合計(税込)年間の支払い合計(税込)
1年生3,250円39,000円
2年生3,490円41,880円
3年生4,460円53,520円
4年生4,980円59,760円
5年生5,980円71,760円
6年生6,370円76,440円
※入会金・退会金・追加費用0円

基本的な月額料金として、一定額が設定されており、その範囲内で様々な教材やオンラインサービスを利用することができます。

また、追加で特定の教材やサービスを利用したい場合は、別途料金が発生することもあります。

料金について詳しく知りたい場合は、公式ウェブサイトを確認するか、カスタマーサービスにも問い合わせるとよいでしょう。

\公式HPはこちら/

学習時間の目安は?

進研ゼミを利用した学習における時間の目安は、お子様の学年や目標により異なります。

進研ゼミの教材自体は1日約15分という短い時間がひと区切りとなっていますが、中学受験という観点からすると、一般的には、週に10時間程度の学習を目安にし、それを毎日または週末に分けて行うことが推奨されています。

シンスケ

私自身も中学受験を経験しましたが、小学5・6年生の頃は週に20時間以上は必ず学習していました。

効率よく学習するためには、短時間で集中して学ぶこと、定期的に復習することが重要です。

自分自身に合った学習計画を立て、無理なく続けられる範囲で学習時間を設定しましょう。

進研ゼミを始める最適な時期は?

進研ゼミを始める最適な時期は、中学受験を目指す生徒にとっては早い段階からが望ましいとされています。

シンスケ

小学校中学年頃から始めることで、徐々に学習習慣が身に付き、中学受験に必要な知識やスキルを確実に習得することができます。

ただし、それぞれの生徒の学習スピードや理解度は異なりますので、個々の状況に応じてスタートする時期を調整することが重要です。

進研ゼミを始める際には、目標設定を明確にし、計画的に学習を進めていくことが成功の鍵となるでしょう。

中学受験のために進研ゼミを最大限活用するためのアドバイス

進研ゼミは小学生から高校生まで幅広く利用されており、教科学習だけでなく様々なスキルアップに役立つ教材です。

しかし、ただ手に入れただけではその潜在能力を引き出せません。

ここでは、進研ゼミを最大限に活用するためのアドバイスをお届けします。

学習環境の整備からモチベーションの上げ方、保護者の関わり方に至るまで、効果的な使い方をみていきましょう。

学習環境の整備

学習効率を高めるためには、落ち着いて学習できる環境を整えることが重要です。

特に小学生の場合、集中力が持続しやすい環境作りが必要です。

適切な明るさと静かな空間を確保し、学習に必要な物はすぐに手に取れるように整理整頓しておきましょう。

また、進研ゼミの教材を活用する際は、教材専用の収納スペースを作ることで、必要な時にすぐに取り出せる体制を整えることが大切です。

シンスケ

勉強に集中できる部屋づくりのコツや勉強に集中する方法は以下の記事で詳しく解説しています。
お子様が学習に集中できるようにサポートしてあげましょう。

スケジュールの立て方

進研ゼミの教材を活用する際は、効率的なスケジュールを立てることが成功の鍵を握ります。

小学生の場合、学校の宿題やクラブ活動とのバランスを考えながら、無理のない学習計画を立てましょう。

また、週単位で振り返りを行い、その週の目標が達成できたかを確認することで、計画に修正を加えることができます。

読者の皆様には、お子様自身が計画を立てることができるように、積極的に関わっていただきたいと思います。

シンスケ

一緒にスケジュールを考えることで、お子様の自主性を育てることにもつながりますよ。

モチベーションの維持法

お子様が進研ゼミの教材を使って勉強を続けるためには、モチベーションを維持することが非常に重要です。

目標を明確にし、小さな達成ごとに褒めることで、自信を持って取り組めるようになります。

また、勉強だけでなく適度に休憩を取り、お子さんの好きな活動を取り入れることもモチベーション維持には欠かせません。

勉強に集中しやすい時間帯もあるため、いつ勉強するかも考えるのがおすすめです。

親子で将来の夢について話し合い、それを達成するための学習が進研ゼミであることを理解させることが、長期的なモチベーション維持につながります。

保護者の関わり方

保護者の皆さんがお子さんの学習にどう関わるべきかは、進研ゼミを最大限に活用する上で重要なポイントです。

過度な期待やプレッシャーはお子さんのモチベーションを下げる原因となるため、避けましょう。

おすすめの関わり方は例えば以下になります。

保護者のおすすめの関わり方
  • 一緒に教材をみる
  • 学習の進歩を確認する
  • 褒める
  • 学習環境を整える手伝いをする
  • 一緒にスケジュールを立てる

お子さん一人ひとりに合った関わり方を見つけ、積極的にサポートしましょう。

進研ゼミとの上手な付き合い方

進研ゼミを利用する上で、大切なのは長期的に続けることです。

そのためには、お子様自身が進研ゼミの教材に興味を持ち、楽しみながら学習できるようにすることが重要です。

使い方の工夫、例えば教材を使ったゲームやクイズを取り入れることで、自然と学びに触れる機会を増やしましょう。

また、定期的なフィードバックを通して、お子さんがどのように進化しているかを確認することも、モチベーションを高める上で役立ちます。

皆さんも、お子様と一緒に進研ゼミの活用法を考えてみてはいかがでしょうか。

進研ゼミを通じた中学受験の新しい形

このように進研ゼミは、中学受験を目指す小学生にも新しい学習の形を提供しています。

従来の学習塾だけでなく、自宅での学習がより重要視される中で、進研ゼミの役割はますます大きくなっています。

最新の学習理論に基づいた教材で、自分のペースで学習できる点が、多くの家庭から支持されている理由です。

また、オンラインでのサポートや、同世代との交流を通じた刺激は、お子さんが中学受験に向けて学習を続ける上で大きな助けとなります。

本記事を読んで少しでも興味をもった方は以下から無料資料請求・入会ができますので是非試してみて下さいね。

\進研ゼミ小学講座の無料資料請求はこちら/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次