小学生におすすめの通信教育!料金や教材を徹底比較!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ラッシーくん

今、小学生ですが通信教育を始めようかと考えています。
おすすめの通信教育はありますか??また、選び方はどうすればいいですか??

このような疑問や悩みに答えます。

本記事の内容
  • 小学生向けの通信教育の選び方
  • 小学生におすすめの通信教育

この記事では

「中学に向けて、通信教育や学習アプリを始めたい」
「今小学生で通信教育を始めようと考えているが何を選んだらいいかわからない」

このような悩みを抱えている方に向けて、小学生におすすめの通信教育を記載しています。

15年以上学校教育に携わり、教務主任などを通して得た経験から厳選していますので、これから通信教育を始めたいと考えている方は是非参考にして下さい。

目次

小学生向けの通信教育の選び方

ラッシーくん

通信教育はどのように選べばいいですか??

という問いに関しては以下のような項目に着目し、比較することが大切です。

通信教育評価方法

対象レベル難易度が幅広く設定されている
受講できる教科1教科ずつ受講できるor9教科対応など自由度が高い
学習スタイル紙・タブレットの両方に対応
ライブ授業の有無ある
添削指導ある
質問対応自由に質問できる
個別アドバイス個別アドバイスできる
料金安い

「対象レベル」「学習スタイル」「ライブ授業の有無」

「対象レベル」「学習スタイル」の2つに関しては、

「自由度が高く自分にあったものが選べるかどうか」

という観点で選びましょう。

例えば、「紙の方が勉強しやすいか、タブレットの方が勉強しやすいか」という点1つをとっても、あなたのタイプによっても向き不向きは様々かと思いますので、どちらも選べる方があなたに合う可能性が高いです。


また、難易度に関しても学習する上で、自分に適したレベルが選択できるかどうかを判断基準にしましょう。

特に、「基礎~標準」に抜け漏れがある場合は徹底して学ぶことを優先して下さい。

また、ライブ授業とは、自宅で教室型授業が受けられるサービスの事です。

追加受講費なし・顔出し不要で、スマホさえあれば、場所を選ばずどこからでも視聴し、その場で講師にチャットで質問もできることが一般的です。

さらに、オンラインライブ授業は録画もされることが多いので、見逃した場合や復習したい時は好きな時間に見返せるので小学生にもおすすめです。

授業の日にちも予め決まっているので後回しにできず、強制力が働くところもいいですね。

シンスケ

お子様の性格にもよりますが、強制力がないとサボってしまう心配があるのであれば、完全なアプリよりもライブ授業のようなある程度強制力があるシステムがおすすめです。

したがって、ライブ授業に関しても原則的には備わっているサービスを選ぶと良いでしょう。

「添削指導」「質問対応」「個別アドバイス」

「添削指導」「質問対応」「個別アドバイス」に関しては、しっかりサポートされているものにしましょう。

学習効率を上げるには

「しっかりと学習計画を立てることができるか」

ということが非常に重要になります。


特に、夏休みなど在宅期間が長い時は自身で以下のように計画を立ててから勉強することが大切です。

・週末は必ず○○ページまで勉強する
・原則、学校の授業の復習や宿題が終わった後に遊ぶ時間を設ける

といったように、事前に計画を立てておくことで圧倒的に勉強しやすくなります。

シンスケ

お子様の習慣をしっかり立てておくことはとても大切です。

しかしながら、このような学習計画は自身だとどうしてもつまづいてしまう人も多いですよね。

このようなときに、「添削指導」「質問対応」「個別アドバイス」をしてくれるサポーターがいてくれるかはとても重要ですので、通信教育においても評価基準の一つにしましょう。

「料金」「受講形式」

料金に関してはもちろん可能な限り安い教材がおすすめです。

例えば、最終的に大学受験をする場合、下記の通り、概算で約432,000円もの受験費用がかかります。

受験費用(概算)

ア.大学入学共通テスト受験費用 18,000円

イ.共通テスト利用費用 60,000円 (20,000円 × 3校分)
※合格点数の割合を算出して10%刻みに3校分を出願
例:50%台、60%台、70%台より1校ずつ出願

ウ.一般選抜受験費用 315,000円 (35,000円 × 9校分)
※3年次河合模試平均偏差値に基づき、挑戦校、相応校、安全校を各3校ずつ出願

エ.その他(予備費 39,000円)
(上記ア.イ.ウ.エ.の合計金額) =432,000円
(月額換算)                            = 12,000円(432,000円 / 36カ月分)

また、これに加えて入学費用などもかかりますのでかなりの金額になることは明白です。


したがって、コストをかなり安く抑えることができればかなりのメリットといえるでしょう。

また、受講形式に関してはなるべく自由度が高い方が良いでしょう。

例えば、

・1教科ずつ受講できる
・プログラミングにも対応しているなど対応教科・科目が豊富

このような特徴があるとより、自分に合った通信教育を選ぶことができるのでおすすめです。

小学生におすすめの通信教育

評価方法を基に比較すると小学生向け通信教育は次のようになります。

通信教育比較表

通信教育

進研ゼミ小学講座
(チャレンジ)

Z会(小学講座)

スタディサプリ
(中学講座)

すらら

スマイルゼミ
(中学コース)

小学ポピー

デキタス
(小学生)
対象レベル全小学生
(基礎~応用レベル)
学習が得意な小学生
(標準~発展レベル)
全中学生
(基礎~標準レベル)
学習が苦手な中学生
(基礎レベル)
全中学生
(基礎~応用レベル)
授業の補填をしたい中学生向け
(基礎~標準)
学習が苦手な中学生
(基礎レベル)
教科9教科セット全教科セット
or
1教科ごと
9教科セット3教科or5教科セット9教科セット9教科セット5教科+αセット
学習スタイルタブレット+紙
or
紙テキスト
タブレット+紙
or
紙テキスト
スマホ・タブレット・PCスマホ・タブレット・PC専用タブレットのみ紙テキスト・タブレット
(紙テキスト中心)
スマホ・タブレット・PC
(紙テキストはほぼなし)
先取り・さかのぼりありなしありありありありあり
添削指導ありありなしなしなしなしなし
質問対応ありあり追加費用が必要ありオンラインチャットのみありメール対応のみ
個別アドバイスありタブレット+紙コースのみあり追加費用が必要あり基本AIのみありなし
ライブ授業ありなし一部ありなしなしなしなし
努力賞制度ありありなしなしなしなしあり
料金約3,000円~6,500円約3,000円~8,800円約2,300円約9,000円~10,000円約3,300~8,500円約2,500~3,800円3,300円
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめ通信教育【小学生】
  • 【進研ゼミ小学講座】 … 難易度・サポートなど幅広く最も万人受けする。すべての小学生におすすめ
  • Z会】… 学習が得意な小学生におすすめ!丁寧な添削が◎
  • スタサプ】 … 月額約2,300円の最安値。スマホのみで学習したい方向け。
  • 【すらら】 … 不登校などの場合でも自分のペースで学習ができる
  • スマイルゼミ … 専用タブレットで全教科の学習ができる。テキスト・人の指導が不要な方向け。
  • 小学ポピー … 授業や学校のテスト対策を紙テキストを使って行いたい方におすすめ!費用も安い!
  • 通信教育ならデキタス … アニメ・ゲームキャラと一緒に楽しく学習できる!不登校にも対応!

進研ゼミ小学講座

小学生におすすめの通信教育の1つ目は「進研ゼミ小学講座」になります。

「進研ゼミ小学講座」は株式会社ベネッセコーポレーションが提供する通信教育となります。

進研ゼミ小学講座
対象レベル基礎~応用レベル
※全学年に対応
※教科書準拠
中学受験対応あり
先取り学習あり
6学年分の問題コンテンツを提供
習ってない単元の動画解説を提供
※「計算集中」と「図形・数・量」のみ
漢字・読解は中学レベルの範囲まで提供
※2学年以上さかのぼっ復習することは不可。復習に使えるのは前学年のみ。
学習スタイル専用タブレット・紙テキスト
チャレンジタッチ:主に専用タブレットで学ぶスタイル
チャレンジ:主に紙テキストで学ぶスタイル
※その他電子教材(おもちゃのような使用)あり
ライブ授業あり
添削・質問・個別アドバイスすべて可能
※学習内容の提案はチャレンジタッチのみ
※「質問ひろば」は小3〜小6のみ。教材・回数の制限あり。
努力賞制度あり
※レッスンの取り組み状況に応じてポイントが貯まり、プレゼントと交換可能
対応科目・コース【科目】
国/数/英/理/社
プログラミング
漢検・英検対策

【コース】
プログラミング講座(有料)
オンラインスピーキング(有料)
考える力・プラス講座(有料)
かがく組(有料)
作文・表現力講座(有料)
オンライン少人数指導チャレンジライブ(有料)
考える力・プラス 中学受験講座(有料)
料金【全教科セット】
月約3,250~6,500円
※1教科ずつは不可
※入会金・退会金0円
※全教科追加費用ゼロ
  • お子様の学習レベルに合わせられる!
  • 新学習指導要領にしっかり対応!
  • モチベーションが維持する仕組みが豊富!
  • 赤ペン先生の添削指導など学習サポートが充実!
  • 保護者がしっかりとお子様に関われる!

知っておきたい特徴

難易度・学習サポートなど幅広く最も万人受けする学習サービス。すべての小学生におすすめ

進研ゼミ小学講座の「対象レベル」「教材内容」

対象レベル

進研ゼミ小学講座の「対象レベル」は「基礎~応用レベル」まで幅広く対応することができます。

以下のように標準コースとハイレベルコースがあり、学習が得意というお子様には追加費用0円でハイレベルの問題にチャレンジすることができる仕組みになっています。

コース内容
標準コースメインレッスン月13回+赤ペン先生の添削問題
ハイレベルコースメインレッスン月13回+ハイレベルレッスン月4回+赤ペン先生の添削問題
引用元:進研ゼミ小学講座公式

演習問題のレベルや量に関しては上記のように、お子様の状況に合わせて自由に選ぶことができます。

例えば

国語は「ハイレベルコース」
算数は「標準コース」

といったように、教科毎に異なるレベルを選ぶことも可能です。

教材内容

進研ゼミ小学講座の「教材内容(チャレンジ・チャレンジタッチ共通)」についてみていきましょう。

まず、進研ゼミ小学講座の基本的な学習の流れは以下のようになっています。

引用元:進研ゼミ小学講座公式
STEP
理解する

1日約15分の無理のない学習量で1つ1つ理解していきます。
教材は各学校の教科書に対応しており、やった瞬間から学校の授業内容がどんどん理解できる仕組みになっています。

STEP
定着する

月に1回赤ペン先生の問題が届きます。「STEP①」の内容がしっかりと理解できているか確認できる内容となっています。

STEP
応用問題にチャレンジ

テキスト内容が理解できたら、応用問題にチャレンジしましょう。
中学受験にもつながる内容で、しっかりと考える力を育てることができます。

シンスケ

特に、この1日約15分という学習時間設計はとてもよいところです。

科学的にも休憩を挟むことでの集中力の効果は立証されておりますし、日常生活の隙間時間でいつもで利用することができるところもいいですね。
(参考:「集中力の限界は90分? 集中できないときに試したい効果的な休憩方法と勉強法」

テキストの特徴

教科書対応のテキスト(新学習指導要領にも対応)

引用元:進研ゼミ小学講座公式
シンスケ

教材は2020年度から大きく変わった新学習指導要領に対応したテキストになっています。
学校の教科書に対応していますので、授業の理解にそのまま直結できますよ。

問題は進研ゼミのオリジナル

引用元:進研ゼミ小学講座公式
シンスケ

オリジナル問題なので、例えば、授業とまったく同じ問題にはなっていません。このような初見問題に触れる機会を多くもつことはとても大切ですよ。

なぜそうなるのか、考え方を学べる

引用元:進研ゼミ小学講座公式
引用元:進研ゼミ小学講座公式

本質を理解できる問題構成

引用元:進研ゼミ小学講座公式
引用元:進研ゼミ小学講座公式

実際に手を動かして考える問題もあり

引用元:進研ゼミ小学講座公式
引用元:進研ゼミ小学講座公式

自分の考えを書く練習が豊富にできる

引用元:進研ゼミ小学講座公式
シンスケ

進研ゼミの教材のいいところは考え方をしっかり学べるところです。
ただ解くだけではなく、「なぜそうなるか」「自分はどう思うか」など考えることは学ぶ上で重要ですのでこれを小学生のうちから学ぶのはとても大切ですよ。

応用力を伸ばすことができる実力アップドリル

引用元:進研ゼミ小学講座公式

「実力しんだんテスト」でお子様専用の問題に取り組める

引用元:進研ゼミ小学講座公式
シンスケ

学習が得意なお子さまはどんどん難しい問題にチャレンジができますし、逆に苦手な内容がある場合はしっかりと見直しながら進むことができます。

キャラクターが多く楽しく学べる

実際の進研ゼミの教材(チャレンジ2年生)
引用元:進研ゼミ小学講座公式

豊富なイラストで飽きない構成

引用元:進研ゼミ小学講座公式
シンスケ

特に、低学年の教材ではマスコットキャラクターが可愛く作り込まれています。
見た目は重要ですのでお子様が飽きにくい作りになっていますよ。

中学受験対応

進研ゼミ小学講座は「中学受験対応」もしっかりできる教材となっています。

上記でも示した通り、教科書対応の基本学習となる「チャレンジタッチ」「チャレンジ」でも

「幅広いレベルの問題」
「思考力を磨ける問題」
「本質を捉える解説」

などに対応することができますが、

「考える力・プラス講座」(5・6年生)
「考える力・プラス 中学受験講座」(4~6年生)

という中学受験に特化した有料のオプション教材もあることが特徴です。

「考える力・プラス講座」「考える力プラス中学受験講座」
引用元:進研ゼミ小学講座公式
対象学年全学年
学習スタイル紙テキスト+映像教材
内容私立・国立の中学受験対策
思考力・表現力対策
※教科書内容レベル以上の問題演習
対応科目算・国・理・社
料金(追加オプション)【1~4年生】
月額料金(12ヵ月一括払い):2,560円
月額料金(6ヵ月一括払い):2,690円
月額料金(毎月一括払い):2,690円

【5~6年生】
月額料金(12ヵ月一括払い):4,260円
月額料金(6ヵ月一括払い):4,490円
月額料金(毎月一括払い):4,490円

【中学受験講座】
月額料金(12ヵ月一括払い):7,480円
月額料金(6ヵ月一括払い):7,870円
月額料金(毎月一括払い):7,870円
  • 論理的な思考力をさらに学ぶことができる!
  • 受験に活用できる考え方がわかる!
  • 問題の解説が図表が多くさらにわかりやすくなっている!
シンスケ

こちらは最初から検討するよりも、まずは通常のチャレンジやチャレンジタッチを活用してみて、
「物足りない」
「もっと難しい問題や思考力を高める問題をやりたい」
「中学受験にもしっかりと対応したい」
という意欲がお子様に出てきた場合に検討するとよいかと思います。

進研ゼミ小学講座の「学習スタイル」

進研ゼミ小学講座の「学習スタイル」は「専用タブレット中心+紙教材」のチャレンジタッチと「紙教材中心」のチャレンジを選択する形式になります。

スタイル概要
チャレンジタッチ専用タブレット+紙教材
※ほぼタブレットが中心
※紙教材例:「漢字辞典」「ポスター」「予想問題集」など
チャレンジ紙教材

お子様に合わせた学習スタイルに合わせることが可能です。

本サイトとしては機能の多さなど様々な観点からまずは「チャレンジタッチ」をおすすめしています。

「チャレンジタッチ」から「チャレンジ」、「チャレンジ」から「チャレンジタッチ」のスタイルの変更はいつでも可能となっておりますのでまずは気軽に選んでみるとよいでしょう。
※ただし、「チャレンジタッチ」が6ヵ月未満の受講であった場合は、タブレット端末の料金8,300円(税込)がかかる(2024年1月時点)

スタイルの変更手順(WEB)
  • 「進研ゼミ小学講座公式ページ」にアクセス
  • 「手続き・問い合わせ」を選択
  • 「学習スタイル・コースの変更」より手続き
    ※会員番号が必要
    ※変更は問い合わせ窓口からも変更可能です。
シンスケ

タブレットと紙教材を自由に選べるところは非常に良いところですね。

チャレンジタッチの機能と特徴

新タブレット
引用元:進研ゼミ小学講座公式

チャレンジタッチ(タブレット中心)のスタイルに関しては以下のような機能(特徴)があります。

機能特徴
個別カリキュラム作成自動で1日に勉強する量を提示してくれる。何をやろうか、悩むことないため、スムーズに学習に取り組むことができる。
自動採点機能書いた答え(文字)をその場で自動採点してくれる。
記述書き込み機能途中式や考え方をメモしたり、実際に図を動かせるなどタッチペンでの書き心地がとても良い。
オンラインライブ授業ライブ型の授業。毎月、算数を中心に重要単元のポイントを解説。「基礎」「挑戦」レベルの授業を実施。夏休み期には、算数以外の他教科授業や、教科横断のイベント
なども実施予定。(録画版で何度でも視聴が可能)
赤ペン先生添削指導毎月1回、担任の「赤ペン先生」が理解度に合わせて添削指導を行ってくれる。
提出すると努力賞ポイントももらえる。
電子図書館(まなびライブラリー)知的好奇心や教養を育む電子書籍や動画がいつでも楽しめる。世界の名作、図鑑や、小説などが常時約1,000冊程度あります。
AI分析復習機能AIがつまずいた問題を分析し、その場で過去の単元を復習する機能。
Wとき直しシステム間違えた問題を記録し、すぐに解き直すことができる。テスト前の確認にも最適。
実力テスト後の専用問題配信実力テスト後にお子様専用の問題(苦手問題など)が配信されます。5~7分で簡単に確認ができる問題です。
ごほうびゲーム機能・ジュエルごほうび機能1日のレッスン終了後にゲームができるようになるなど勉強するとやる気が出る仕組みが豊富
ブルーライトカットブルーライトカットでお子様の目を守ってくれる画面となっています。
利き手設定機能利き手設定で、手をしっかりついて書ける
シンスケ

進研ゼミ小学講座のタブレット学習(チャレンジタッチ)は上記のように非常に多くの機能がついており、かなりおすすめできます。

チャレンジタッチとチャレンジの違い

引用元:進研ゼミ小学講座公式
シンスケ

上記の通り、チャレンジタッチはチャレンジの機能もほぼすべて兼ね備えていますので、よっぽどの事情(紙テキストへの拘りなど)がない限りはチャレンジタッチを選ぶとよいでしょう。

チャレンジ(紙テキスト)向きの方

上記の通り、基本的にはチャレンジタッチ(専用タブレット型)の方がおすすめですが、逆にチャレンジ(紙テキスト)の方がよい方は以下の2つのどちらかになります。

  • 自宅にWi-Fi環境がない方
  • どうしても紙テキストでやりたい方

チャレンジタッチはWi-Fi環境が常になくても事前に教材をダウンロードしておけば、オフラインで利用することは可能です。

しかしながら、やはり、一番利用するであろうご自宅にWi-Fi環境がない場合は使いにくいかと思われます。(有線LANは不可)

また、フリーWi-Fiなどの環境化も利用することができませんので注意しましょう。

進研ゼミ小学講座の「学習サポート」「保護者向けサポート」「ライブ授業」

学習サポート

進研ゼミ小学講座は「添削・質問・個別アドバイス」などのサポートをすべて行っております。

※学習提案はチャレンジタッチのみ。「質問ひろば」は小3~小6のみ(教材・回数制限あり)。

添削サポート

進研ゼミ小学講座では「チャレンジタッチ」「チャレンジ」の両方で赤ペン先生による添削指導を受けることが可能です。ただし、学習スタイルの違いによっても以下のように異なります。

学習スタイル特徴
チャレンジタッチタブレットで行った問題を即時添削(まとめテスト)。約3日以内に返却される。
※ただし、赤ペン先生の添削問題は年3回まで。
チャレンジ紙で行った問題を毎月末に郵送で紙を送る。

お子様ひとりひとりに「赤ペン先生」と呼ばれる添削指導を行ってくれる担任がつきます。

「赤ペン先生」は進研ゼミの選考を通過し、教科指導を十分に学んだ方がなっており、個々のお子様の理解度に合わせて丁寧な添削指導をしてくれるところが魅力です。
(チャレンジタッチとチャレンジで添削回数が異なります)

特に、「チャレンジタッチ」の場合は、添削問題は「チャレンジパッド」に配信され、即時添削もしてくれるため、記述問題への対策もしっかりとすることができます。

引用元:進研ゼミ小学講座公式

赤ペン先生はお子様のモチベーションが上がるような言葉遣いや添削の仕方をしてくれるため、受講生からとても好評となっています。

ほめてくれるのでモチベーションが上がる

赤ペン先生の指導
引用元:進研ゼミ小学講座公式
引用元:進研ゼミ小学講座公式

また、赤ペン先生に提出すると努力賞ポイントももらえますので、これを目的に頑張れる受講生も多いようです。

引用元:進研ゼミ小学講座公式

具体的な指導とアドバイスもあるので、実際に、お子様の考える力や思考力、記述力をしっかりと伸ばすことができますよ。

質問対応

質問に関しては「チャレンジタッチ」の方であれば「質問ひろば」に入って自由に質問することができます。
(小学講座の3~6年生向けのサービス。進研ゼミ小学講座を卒業、または退会後1か月まで利用可能)

また、「みんなのQ&Aを見る」からよくある質問も見ることができますので、困ったらまずはここを確認するとよいでしょう。(各教科の質問もこちらで対応しております)

個別アドバイス

個別アドバイスに関しては「チャレンジタッチ」では、活用状況に応じたアドバイスを受講費用内でしっかりと行ってくれます。

学習の遅れや活用の仕方がうまくいっていない場合は、電話でのアドバイスも行われますよ。

また、普段の学習プランに関してはAIが個々の苦手をふまえながらカリキュラム作成してくれます。

保護者サポート

進研ゼミで行われている「保護者サポート」に関しては以下のような内容があります。

進研ゼミ小学講座の保護者サポート内容
  • 専用アプリでお子様の学習状況を把握できる(定期的なメール配信あり)
  • お子様とのメッセージ機能
  • 保護者向けの情報コンテンツの配信

書いた字の確認や取り組んだレッスン数がわかる

引用元:進研ゼミ小学講座公式

また、保護者の方のスマホとお子様のタブレットでメッセージのやり取りもできるため、適宜、メッセージを送ってあげることでお子様のモチベーションアップにもつなげることができます。

シンスケ

保護者も含め、様々な人が学習状況をみてあげることが子どものモチベーションの維持に効果的ですよ。

ライブ授業

進研ゼミ小学講座はオンラインライブ授業を追加費用なしで受講することができます。

授業は1コマ20~30分程度で、先生や他の小学生と一緒に学ぶことができるため、

「一人だけで勉強するのが不安」

という方にはおすすめのコンテンツです。

しかも、もし、何らかの都合で参加できなかった場合でも録画された当日の授業を後から何度でも視聴することが可能ですよ。

進研ゼミ小学講座の「対応科目・コース」「料金」

対応科目・コース

進研ゼミ小学講座の「対応科目・コース」は以下のようになっています。

科目国/数/英/理/社
プログラミング
漢検・英検対策
※全教科セット
※1教科ずつ受講は不可
コースチャレンジ・チャレンジタッチ
有料オプションプログラミング講座(有料)
オンラインスピーキング(有料)
考える力・プラス講座(有料)
かがく組(有料)
作文・表現力講座(有料)
オンライン少人数指導チャレンジライブ(有料)
考える力・プラス 中学受験講座(有料)
シンスケ

2020年度からの新学習指導要領からプログラミングや英語に関しては小学校で重視されるようになりました。
したがって、主要5教科(国数英理社)に加えて、プログラミングや英検・漢検対策にも対応しているところはとても良いですね。

プログラミング的思考力を伸ばすことができる

※プログラミング言語を学ぶわけではありません。
引用元:進研ゼミ小学講座公式

英語4技能(聞く・読む・話す・書く)を伸ばせる「Challenge English」で英検対策が可能

引用元:進研ゼミ小学講座公式

料金

料金に関してはお子様の「学年」「月払い・年払い」によっても異なります。

学年月間の支払い合計(税込)年間の支払い合計(税込)
1年生3,250円39,000円
2年生3,490円41,880円
3年生4,460円53,520円
4年生4,980円59,760円
5年生5,980円71,760円
6年生6,370円76,440円
※入会金・退会金・追加費用0円

支払い方式別手数料

引用元:進研ゼミ小学講座公式
シンスケ

支払いはクレジットカード払いが最もお得です。

チャレンジタッチのタブレット料金は?

チャレンジタッチの専用タブレットに関しては原則6ヶ月以上継続受講の場合は無料となります。
※6ヵ月未満で退会もしくはスタイルをチャレンジに変更した場合は8,300円がかかります。

チャレンジパッドサポートサービス

チャレンジパッドサポートサービスとは専用タブレットの保険のようなサービスです。
専用タブレットを何らかの事情で故障してしまった場合は修理に19,800円を負担することになりますが、年間3,600円のこの補償サービスを契約しておくと3,300円で交換することが可能です。

<チャレンジパッドサポートサービス>
月額200円~のタブレット補償オプション
自己破損時や2年目以降の自然故障時に3,300円で交換可能

科セット】
月約3,000~6,500円

進研ゼミ小学講座は、小学1年生から6年生までコースがわかれており、それぞれで料金が異なります。また、料金は①12ヶ月一括払い、②6ヶ月一括払い、③毎月払いで、ひと月当たりの料金は変わってきます。

12ヶ月一括払いの方が、毎月払いよりも月々500~700円ほどお得です。12ヶ月一括払いで退会しても、返金されます。

進研ゼミは、入会金・再入会金・送料が無料なので、非常にありがたいですね。

以下は進研ゼミ小学講座の1〜6年生の12ヶ月一括払いの料金(税込)です。

おすすめの支払い方法は?支払い方法を途中で変更することはできる?

おすすめの支払い方法は手数料がかからないクレジットカード払いです。

毎月払いで支払うたびに手数料がかかると想定した場合、それぞれの支払い方法でかかる手数料は以下のとおりです。

毎月払いでかかる年間手数料

  • クレジットカード払い:0円(手数料なし)
  • コンビニエンスストア振込:1,620円~4,020円(手数料135円~335円)
  • 郵便振込み:1,464円~4,032円(手数料122円~336円)
  • 郵便口座引き落とし:660円(手数料55円)
  • 銀行口座引き落とし:780円(手数料65円)

途中で支払い方法を変更したい場合は「Webでの「手続き」(お客様サポート)」→「お支払」から変更することができます。

手続きには会員番号とパスワードが必要です。

パスワードを知らない場合、4月号または入会時に届いた宛名用紙に記載があるため、そこから確認してください

進研ゼミ小学講座の「努力賞制度」

努力賞制度

進研ゼミ小学講座には「努力賞制度」があります。

例えば以下のようにお子様が勉強を頑張れば頑張るほど努力賞ポイントが貯まり、努力賞ポイントが一定まで貯まるとポイント数に応じた努力賞プレゼントがもらえる仕組みです。

努力賞ポイントがもらえる例
  • 赤ペン先生の問題を提出した
  • 実力診断テストを提出した
  • 毎月の決められた学習をしっかりやった
  • Challenge Englishのステップアップテストに合格した
シンスケ

頑張ったらご褒美があるのはモチベーション維持にとても効果的だと感じます。

実際に何がもらえるかは「努力賞プレゼントカタログ」でご確認下さい。

\進研ゼミ小学講座の無料資料請求・入会はこちら/ 

Z会(小学生コース)

小学生におすすめの通信教育の2つ目は「Z会(小学生コース)」になります。

「Z会(小学生コース)」は株式会社増進会ホールディングスが提供する通信教育となります。

Z会(小学生コース)
対象レベル標準~発展レベル
中学受験対応あり
先取り学習なし
学習スタイルタブレット+紙テキストor紙テキスト
※タブレットは自分で用意
ライブ授業なし
添削・質問・個別アドバイス添削・質問はあり
個別アドバイスはなし
努力賞制度あり
対応科目国/数/英/プログラミング(小学1・2年生)
国数理社英+未来探求学習/プログラミング(小学3年生)
国数理社英+総合学習/プログラミング(小学4・5・6年生)
料金・受講形式月約3,000~8,800円
  • 学習が得意な小学生に特におすすめ!教科書レベルの内容から中学入試したい方まで幅広く対応!
  • 丁寧な添削指導と質問対応で個々の実力が着実にアップできる!
  • 教科に捉われず思考力を養う問題が豊富!

知っておきたい特徴

学習が得意な小学生におすすめ!丁寧な添削が◎

Z会小学講座の無料資料請求・入会はこちら → Z会の通信教育 資料請求

スタディサプリ小学講座

小学生におすすめの通信教育の3つ目は「スタディサプリ小学講座」になります。

「スタディサプリ小学講座」は株式会社リクルートが提供する通信教育となります。

スタディサプリ小学講座
対象レベル基礎~標準レベル
中学受験対応あり
先取り学習あり
学習スタイルスマホ・タブレット・PC
※紙テキストは有料(1,320円)
ライブ授業個別指導コース(個別指導塾オンライン)のみあり
添削・質問・個別アドバイス・添削はなし
・質問や個別アドバイスはコースによってはあり
努力賞制度なし
料金・受講形式約月1,815円~2,300円
※小4からの対応となります
  • 自分のペースで好きなときに学習ができる!
  • 先取り学習・さかのぼり学習で自分にあった学習ができる!
  • 圧倒的な料金の安さ!

知っておきたい特徴

月額約2,300円の最安値。スマホのみで学習したい方向け。

スタディサプリ小学講座の無料資料請求・入会はこちら → スタサプ

すらら

小学生におすすめの通信教育の4つ目は「すらら」になります。

「すらら」は、株式会社すららねっとが提供する学基礎学力の向上や学校の教科内容の補完を目的とした学習サービスとなっています。

すらら
対象レベル学習が苦手な小学生(基礎レベル)
中学受験対応なし
先取り学習あり
学習スタイルスマホ・タブレット・PC
ライブ授業なし
添削・質問・個別アドバイス添削指導はなし
質問対応・個別アドバイスは可能
努力賞制度なし
対応科目・コース【科目】
国語/算数/理科(小学1年~6年)
社会(小学3年~)
英語(中学生版を利用可能)

【コース】
小中3教科コース
小中4教科コース
小中5教科コース
料金・受講形式3教科or5教科セット
約9,000円~10,000円
※入会金8,000~10,000円
  • 幅広い教科領域にわたる充実したカリキュラム
  • ゲーム感覚で学べるので、勉強嫌いな子でも興味と関与をもって取り組むことが可能
  • 各教科ごとに自分の理解度に合わせて進めることができるため、自己学習のスキルや自己管理能力を養うことができる
  • テストの結果や学習の進捗に基づいて、個別のフィードバックや改善ポイントが把握できる
  • 保護者向けの学習サポートや進捗管理のツールがある
  • 学習に関する質問や技術的な問題に対して、電話やメール、チャットなどのコミュニケーション手段を通じてサポートを受けることが可能

知っておきたい特徴

不登校などの場合でも自分のペースで学習ができる

すららの「対象レベル」「教材内容」

すららのレベルは学習が苦手な生徒向けの「基礎レベル」が中心の内容となります。

勉強が苦手な方はもちろん、不登校児や帰国子女、自分のペースで進めたい「発達障害」「不登校」の場合もおすすめです。

特に、不登校の場合は学校に行かなくても「出席扱い」になる制度を活用できることがあります。
(参考:不登校児童生徒への支援の在り方について|文部科学省

「無学年式」を採用しており、小学校の教科書に基づいた授業や漢字学習、英語学習などがありながらも、進度の早い中高一貫校生や、先取り学習を行いたい方も、自分の取り組みたい内容まで進めることが可能です。

それぞれのコンテンツは段階的に難易度が上がるように設計されており、基礎だけでなく応用に関しても学ぶことができます。

すららの評判・口コミ

学校の教科書に合わせて教材が構成されているので、テストの対策になった。

引用元:塾ナビ

また、「教材内容」は教育の専門家や教育機関と連携し、高品質な教材や最新の情報を提供しており、内容の正確性とわかりやすさが重視されています。

定期的に更新された教育トレンドやカリキュラムに基づいた内容となっており、最新の知識やスキルを習得することができますし、専門分野に特化したコースや教材もあります。

さらに、すららで工夫されているが、クイズやゲーム形式の問題を取り入れている点です。

これにより、学習に取り組むのが今まで苦手だった場合でも興味やモチベーションを高めることができ、別の教材で続かなかった場合でも参加意識を持って、飽きずに継続できる可能性があります。

すららの評判や口コミ

まだ入会したばかりですが、講師がアニメで親しみやすいと思います。

引用元:塾ナビ

これまでの教材は「映像授業型」「ドリル型」「ゲームアプリ型」など、教材の種類によって分けられており、それぞれに一長一短がありましたが、「すらら」はそれぞれの要素を取り入れつつ短所を補えるつくりになっていますよ。

また、間違えた問題や不正解の箇所については、フィードバックや解説が提供されるため、自己評価や理解の深化に役立ちますよ。

すららの「学習スタイル」

すららの学習スタイルは「スマホ」「タブレット」「PC」になります。

専用タブレットは必要なく、インターネット環境があればいつでもどこでも学習することが可能です。

すららの評判・口コミ

インターネットに接続していれば、いつでも勉強することができるので、便利である。

引用元:塾ナビ

通学や通勤の時間を削減できるため、時間の制約がある忙しい方や地理的な制約がある方にとっては特に便利ですね。

例えば、スキマ時間をうまく活用し分散して学習したり、逆に平日に集中して学習し週末は空けることも可能です。

特に、現役生は学校における授業、部活動などがあり、自身の時間が限られてくることも考えるとこのように比較的自由度の高いサービス(オンライン授業)の方がおすすめです。

また、このようなオンライン教材の場合は自分自身で学習の進歩管理やスケジュール管理をする必要がありますが、すららは学習計画を立て、管理できる機能も充実しています。

しかしながら、逆にいうと一部の環境や地域では十分なインターネット接続や適切なデバイスが利用できない場合があります。

すららの評判・口コミ

バグが多い。
一部の端末等の記号に反応しない。

引用元:塾ナビ

紙テキストはありませんので、ICTでの学習に不慣れな方にとっては不向きかもしれませんね。

すららの「学習サポート」

すららの学習サポート形態として「添削・質問・個別アドバイス」に関してみていきます。

すららでは、専任の講師やチューターがおり、添削指導こそできませんが、質問や個別相談に対しては直接的なフィードバックやアドバイスを受けることができます。

すららの評判・口コミ

サポート体制は良かったです。電話すれば少し時間はかかりますがちゃんと答えてくれます。その辺はちゃんとしてるなと思いました。

引用元:塾ナビ

定期的に先生の確認の連絡の電話があり勉強の状況、仕方等の相談に乗ってくれる。

引用元:塾ナビ

コミュニケーションツールやオンライン授業機能を通じて、講師や他の学習者とのコミュニケーションやディスカッションも行えますので、個別のサポートや学習の相談を受けることができ、より充実した学習体験を得ることが可能です。

ただし、弱点としてはすららはオンライン学習プラットフォームであり、生徒と教師が物理的に同じ場所にいるわけではありません。

そのため、質問や疑問を持った場合、リアルタイムで教師に直接相談することはできませんので、生徒はメールやチャット機能を通じて質問をするか、事前に用意された教材や解説動画を利用する必要があります。

すららの評判・口コミ

何をどう進めるのか、次はどうするのか、とう使えは子供のモチベーションが上がるのか、そばで操作を教えてくれる人がいないので、初めはとても戸惑いました。担当のトレーナーもメールだけで顔が見えないので、なんとなく不安が残り、いつどんなタイミングでメールをすればよいのかも迷いました。

引用元:塾ナビ

すららの「受講形式」「料金」

すららの「受講形式」「料金」は、以下のようになっています。

小中コース

受講コース毎月支払い4ヶ月継続コース入会金
3教科(英国数)8,800円8,228円7,700円
4教科(国数理社)8,800円8,228円7,700円
5教科(英国数理社)10,978円10,428円11,000円

どの教科を学習するかにもよりますが、従来の対面式に比べるとかなり安く済むことが可能です。

プランやコースは、柔軟な料金体系があり、自分の予算やニーズに合わせて選択することができますよ。

すららの評判・口コミ

無学年式なので苦手なところまでさかのぼって出来るので割安なのではと思います。

引用元:塾ナビ

家庭に先生がいるみたいで、間違ったら色々問題をだしてくれて、妥当な金額と思う。

引用元:塾ナビ

すららの無料資料請求・入会はこちら → インターネット教材【すらら】

スマイルゼミ(小学コース)

小学生におすすめの通信教育の5つ目は「スマイルゼミ(小学コース)」になります。

「スマイルゼミ(小学コース)」は株式会社ジャストシステムが提供する通信教育となります。

スマイルゼミ(小学コース)
対象レベル基礎~応用レベル
標準クラス:基礎対応
特進クラス:難関高校対策
中学受験対応あり
先取り学習あり
学習スタイル専用タブレットのみ
(スマイルタブレット3R)
※紙の教材はなし
ライブ授業なし
添削・質問・個別アドバイス添削なし
質問はオンラインチャットで可能
※基本的には人ではなくAIによる学習サポート
努力賞制度なし
対応科目・コース【科目】
国/数/英/理/社
プログラミング

【コース】
標準クラス
発展クラス
料金月3,278~8,500円
  • 無学年方式学習で小学生~中3レベルまで戻り・先取り学習
  • 24時間365日寄り添う戦略AIコーチによるサポート!
  • 教科書準拠で基礎固め

知っておきたい特徴

専用タブレットで全教科の学習ができる。テキスト・人の指導が不要な方向け。

スマイルゼミの無料資料請求・入会はこちら → スマイルゼミ

小学ポピー

「小学ポピー」は新学社が提供する通信教育となります。

小学ポピー
対象レベル基礎~標準レベル
※学校のテスト対策向け
※教科書準拠
中学受験対応なし
先取り学習あり
学習スタイルタブレット・紙テキスト
※紙テキストが中心
不登校向け×
ライブ授業なし
添削・質問・個別アドバイス「添削指導」はなし
「質問」「個別アドバイス」は月間ポピーを購読することで利用可能
努力賞制度なし
対応科目・コース国/数/英/理/社
料金・受講形式2,500円:小学1年生
2,900円:小学2年生
3,300円:小学3・4年生
3,800円:小学5・6年生
※上記は年間払いを月単位で算出
  • 教科書準拠なので小中の授業に追いつきたい場合や学校のテスト対策におすすめ!
  • 5教科を幅広く対応できる!
  • 受講費用がお得で継続しやすい!

知っておきたい特徴

学校の授業やテスト対策を紙テキストを使って行いたい方におすすめ!費用が圧倒的に安い!

小学ポピーの無料資料請求・無料おためしはこちら → 小学ポピー

デキタス(小学生)

「デキタス(小学生)」は株式会社城南進学研究社が提供する通信教育となります。

デキタス(小学生)
対象レベル基礎・基本レベル(勉強が苦手な小学生向け)
中学受験対応なし
先取り学習あり
学習スタイルスマホ・タブレット・PC
※端末は自分で用意
※紙教材はほぼなし
ライブ授業なし
添削・質問・個別アドバイス・「質問」はメールのみ可能
・「添削指導」「個別アドバイス」はなし

努力賞制度あり
対応科目・コース【科目】
小学1・2年生は国/数/英/生活
小学3~6年生は国/数/英/理/社
料金・月額3,300円
※入会金・追加費用はなし
  • 月額4,400円の圧倒的な安さで利用できる!
  • アニメやゲームキャラが多く楽しく勉強できる!不登校の方にも対応!
  • オンライン環境があればいつでもどこでも視聴可能!自身の端末で自由に学習できる!
  • 1回の動画が2~5分と短く、勉強に集中しやすい!

知っておきたい特徴

アニメやゲームキャラで楽しく、しかも、圧倒的な安さで利用できる!授業や定期テストを改善したい場合や不登校の方など基礎基本を徹底したい方におすすめ

デキタスは城南予備校を運営している城南進学研究社が提供している通信教育です。

予備校・個別指導塾として長年実績を出したノウハウを活かしたわかりやすい教材内容と魅力的なアニメ・ゲームキャラが解説してくれる学習法が特徴的で不登校の方へもおすすめとなっております。

ほかの受講生とのランキングやイベントで競い合ったり、頑張った分だけ景品などに変えられる努力賞制度などもあり、モチベーションを高く保ちながら学習を続けることが可能です。

デキタスの無料資料請求・入会はこちら → 通信教育ならデキタス

通信教育Q&A

ここでは通信教育に関するよくある質問について紹介していきます。

塾・予備校と通信教育ではどちらがおすすめですか?

もしも、塾や予備校と通信教育で迷っている場合は以下が違いになります。

塾・予備校と通信教育の違い

塾・予備校通信教育
場所・校舎に通わなければならない
・勉強に集中できる環境が既に整っている
・自習室・図書室など学習に関連する施設が利用できる
・いつでもどこでも勉強できる
・学習に特化した環境は自分で作る必要がある
強制力・強制力がある・強制力がない
仲間の有無・同じ目標に向かう仲間がいる・自分一人で進める必要がある
ペース・集団に合わせた授業スピード
(個別の場合は自分に合わせてくれる)
・常に個々のペースで勉強できる
(早く進めることも可)
サポート・対面なのですぐにサポートが受けやすい・原則、オンラインでの対応が前提。対応までの時間が長かったり、回数制限がある場合もあり。
学び方・講師によって教え方・学び方に差異がある・通信教育ごとに学び方が統一されている
費用・通信教育に比べて費用が高い・塾や予備校に比べて費用が安い

ざっくりとタイプを分別すると以下になります。

おすすめタイプ

塾・予備校通信教育
・強制的にやらされた方がいいタイプの人
(自由度は低い)
・強制力がなくても自分で何とかできるタイプの人(自由度が高い)

もしも、迷っている場合は以下のチェックリストを参考にどちらにするか決めましょう。

塾・予備校と通信教育の判断基準(チェックリスト)

塾・予備校に向いているタイプ通信教育に向いているタイプ
場所通学が苦ではない
☑自習室など学習できる施設が欲しい
時間があるときにすぐに学習したい
☑学習に集中できる場所が既にある
強制力☑強制されないと学習に集中できない☑強制されなくても自分で学習できる
仲間の有無☑同じ目標に向かうor競い合える仲間が欲しい☑ひとりで黙々と学習したい
ペース☑集団授業のペースで問題ない☑自分のペースで学習したい
サポート☑疑問はすぐに解決したい
☑対面でのサポートを受けたい
☑募集業務があってもよい
☑自身の働きで学校を変えたい
学び方☑講師によって差異があるのは想定内☑学び方がある程度確立されていた方がよい
費用☑費用がかかっても問題ない☑費用を安く始めたい

タブレット学習のメリットやデメリットは何ですか?

タブレット学習のメリットやデメリットは以下のような点になります。

タブレット学習の5つのメリット
  1. いつでもどこでも学習ができる
  2. 反復学習の優位性
  3. 学習データが蓄積される
  4. 質問・相談がしやすい
  5. 子どもが興味をもちやすい
タブレット学習の3つのデメリット
  1. タブレットに不具合があると学習ができない
  2. 意志が弱い人には不向き
  3. 対面形式よりサポートの質は低め
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次